オンデマンド印刷の冊子印刷・製本専門店【論文・報告書・卒園文集・作品集・教材・コスプレ写真集・同人誌・本など!】

印刷の色で選ぶ

冊子の使用目的で選ぶ

冊子のサイズで選ぶ

製本方法で選ぶ

オプション加工

カバー印刷

オンデマンド印刷とは

ご利用ガイド

お得で便利な会員登録!

企業情報


■営業カレンダー

※赤色が休業日です。



サンプル請求

 

冊子制作の基礎注意点 一覧


「データの作り方」ページへ戻る

 


データやご注文内容に問題が見つかった場合、弊社から確認のご連絡をさせていただく場合がございます。
※この際、確認がとれないと印刷に進むことができませんので、お急ぎの場合は必ず連絡の取れるお電話番号やメールアドレスをご連絡ください。

ただし、すべてのデータ不備をチェックするわけではありませんので、最終確認はご入稿前にお客様自身で行ってください。よろしくお願いいたします。

弊社では修正作業は行っておりません。
お客様の方で「正しく印刷することができるデータ」を作成していただく必要がございます。





印刷できるデータ形式(拡張子)について

【推奨】
■PSD形式(Photoshop) 拡張子が「.psd」
※SAI、Comicstudio、CLIPSTUDIOPAINで作成されたデータでも「PSD形式」でご入稿いただければ大丈夫です。
■AI形式(Illustrator) 拡張子が「.ai」
■PDF形式  拡張子が「.pdf」
※InDesign、Office系ソフトなどはPDFに変換してご入稿ください。

【その他】
EPS形式、JPG形式TIFF形式PNG形式なども印刷可能ですが、高品質なものをご用意ください。

パワーポイントでご入稿の場合は、弊社でPDF変換しお客様にご確認用PDFファイルをお送りいたします。
※印刷OKのお返事をいただいてからの印刷となります。








ファイルの圧縮方法について

【推奨形式】
ファイルは「ZIP形式」で圧縮してください。他形式の場合、弊社で正しく開くことができず再入稿をお願いする場合がございますので予めご了承くださいませ。

【圧縮方法】
・Windowsの場合・・・フォルダを右クリック→「送る」→「圧縮(Zip形式)フォルダー」
・Mac(OSX)の場合・・・フォルダを右クリック→「ファイル名」を「圧縮」
ご入稿の際は、必ずフォルダを圧縮してご入稿ください。


【分割圧縮はしないでください】

一度に送信頂けるファイル容量は500MBまでとなっています。
総容量が500MBを超える場合は、複数のフォルダに分けてから圧縮し、それぞれが500MB以下になるようにしてからお送りください。
※圧縮ソフト等を利用して、1つのファイルを分割圧縮したものは、弊社で確認することができません。
例)「~zip.001」、「~zip.002」といったデータは再入稿をお願いしておりますのでご注意くださいませ。







 
使用する画像の解像度は原寸サイズで350dpiを推奨しています。

使用する画像の解像度は原寸サイズで350dpiを推奨しています。
※解像度が推奨より低ければ低いほど、画質が粗く印刷されます。また、もともと解像度の低い画像の画質を上げることはできません。
(低解像度データの解像度の数値を変更しても解像度が高くなることはありません)

ただし、モノクロ印刷の場合は、
「カラーモードがグレースケールの場合は
 解像度600dpi」

「カラーモードが
モノクロ2階調の場合は
 解像度1200dpi」
を推奨しております。
解像度の注意点

※上記はカラー印刷 A4仕上がりの場合の推奨値







 
カラーモードについて

通常のカラー印刷でご注文の場合、カラーモード は「CMYK」でご入稿ください。
ただし、ExcelやWordなどのMicrosoft Officeのソフト、Photoshop Elementsでは、RGBカラーのデータしか作成することができませんので、カラーモード:RGBでのご入稿も可能です。

ただし、通常のカラー印刷でご注文の場合、RGBデータは印刷時に色の再現性が落ちますので多少色がくすんで印刷されますのでご注意下さい。
詳しくはこちらをクリック>> 
カラーモードの注意点
【注意】RGBモードで作成したデータを、途中でCMYKに変換した場合、黒色がリッチブラックになる場合がございます。文字や細かなオブジェクトに「リッチブラック」を使用されると、きれいに印刷されない場合がございますのでご注意ください。
リッチブラックについて>>


新サービスRGBビビッドカラー印刷について

新サービスの「RGBビビッドカラー印刷」でご注文を頂くと、従来のCMYKに比べより鮮やかに印刷することができます。RGBデータを通常印刷より鮮やかに印刷されたい場合は、「RGBビビッドカラー印刷」でご注文ください。
RGBビビッドカラー印刷」は通常のCMYK印刷と料金・ご注文フォームが異なりますのでお間違いないようご注意ください。

詳しくはこちらをクリックしてください>>






 

ページ数の数え方にご注意ください

ご注文の際の「ページ数」とは、表紙周り(*1)と本文を足した「総ページ数」となります。
ページ数の数え方を間違えると、ご注文内容とデータが一致せず、印刷することができない場合がございます。


表紙周り(4ページ)+本文ページ数 = 総ページ数


■本文のページ数だけではなく、表紙周り(*1)も含めて数えてください。
■表2、表3は印刷しない場合もページ数として数えてください。
■印刷をしない白紙ページも、ページ数として数えてください。
■遊び紙(オプションサービス)はページ数にカウントしません。
遊び紙を希望する場合もしない場合も、ご注文ページ数は同じとなります。

*1 表紙周りとは…表1、表2、表3、表4 の計4ページのことを指します。
表2、表3とは?詳しくはこちらをクリック>>
遊び紙とは?詳しくはこちらをクリック>>



下記の図の場合は表紙まわり含め総ページ数が「8ページ」となります。
【ご注意ください】下記内容に遊び紙サービスを追加しても、ご注文いただくページ数は8ページのままです。


遊び紙(オプションサービス)はページ数にカウントしません。
遊び紙を希望する場合もしない場合も、
ご注文ページ数は同じとなります。






ファイル名のつけ方にご注意ください。

面付けは弊社で行いますので、トラブルを防ぐためにも、
ファイル名は、そのファイルが何ページ目のデータであるか分かるようにファイル名を付けてください。
PDFやパワーポイント等で全てのページが1つのファイルに結合されている場合は、必ずページ順に並べてください。

見開きデータなら「hyo1hyo4.ai」「4p5p.ai」、単ページデータなら「p06.psd」など、そのファイルが何ページ目のデータであるか分かるようなファイル名を付けてください。
「目次」「奥付」「あとがき」といったファイル名は、正しいページ順が分からず、トラブルの元となりますのでデータ不備となります。必ず「数字」でページ順をご指定下さい。

hyo1は「表1(オモテ表紙)」、hyo2は「表2(オモテ表紙の裏)」、hyo3は「表3(裏表紙の裏)」、hyo4は「表4(裏表紙)」となります。
表1~4の表記が難しい場合は、表1→表2→本文1、2、3、4→表3→表4の並びで、1から順に数字を付けていただければ問題ありません。


ファイル名例

要注意

PDFファイルやパワーポイント等、各ページのデータが1つのファイルに結合されている場合、
結合前の各ファイル名はこちらで確認することができないので、表紙から順に印刷するページ順に並べて結合してください。結合されたファイルの並び順のままで印刷させていただきます。


【正しいページ並び例】
表1 → 表2 → 本文1ページ目 → 本文2ページ目 → (~本文続き~)→ 表3 → 表4 

※正しいページ並びでない場合、お客様が意図したページ順と異なった仕上がりとなりますのでくれぐれもご注意下さい。

 






ノンブルについて

■ノンブル(ページ番号)をのないデータでもご入稿頂けます。

ノンブルがある場合でもない場合でも、ファイル名を優先しページ順を確認いたしますので、ファイル名をお間違いないようご注意ください。
※お客様によるノンブル間違いの返品・交換はお受けすることができません。
■弊社ではノンブルの間違いを全て確認することはできません。

弊社では全てのノンブルを確認するわけではありません。文字の間違いがないかはお客様自身でご確認の上ご入稿下さい。
■ノンブル(ページ番号)を弊社で追加・修正することはございません。

ノンブルの印刷が必要な場合は、お客様自身でノンブルを含んだデータを制作してください。
■無線綴じであっても「隠しノンブル」が隠れない場合があります。

当社では、従来の無線綴じよりも開きやすく、強度の強い「PUR製本」を導入しております。
そのため、一般的な無線綴じよりノド元まで本が開くため、ノド付近の「隠しノンブル」が見えてしまう恐れがありますので、予めご了承くださいませ。
PUR製本について詳しくはコチラ>>

■捨てノンブル(印刷されないノンブル)を入れる場合は、必ずトンボの外にレイアウトしてください。

トンボより内側にあると印刷される恐れがありますのでくれぐれもご注意ください。

ただし、捨てノンブルがある場合でも、ファイル名を優先しページ順を確認いたしますので、ファイル名をお間違いないようご注意ください。
※お客様のファイル名間違いによる乱丁についての返品・交換はお受けすることができません。



トンボ付きでの入稿をお願いしているAdobe Illustrator等では捨てノンブルを入れることができますが、トンボが不要なPhotoshop等では捨てノンブルを入れることができません。

ノンブル説明








 
文字は必ずアウトライン化、もしくは、ラスタライズ化してください。

アウトライン化、ラスタライズ化されていないと、印刷時にフォントが置き換わる・置き換わったことによってレイアウトが大きく崩れるといった不具合が起こる場合がございます。

PDFでのご入稿の場合は、全てのフォントが埋め込まれているか確認してください。
PDFファイルのフォント埋め込み確認方法はコチラ>>

フォントのライセンス制限により埋め込めないフォントもございます。
弊社対応フォントと、埋め込めないフォント一覧はコチラ>>








 
特色印刷はできません。

オンデマンド印刷は4色カラー印刷のため、特色印刷はできません。
Illustrator 等では、線や塗りに特色(DIC・スポットカラー)を指定することが可能ですが、特色が使用されているデータは全て当社でCMYKへ変換されます。
このCMYKへの変換の際に、予想外のカラー・見え方になることがありますので、特色(DIC・スポットカラー)は指定しない・使用しないでください。
※当社では色の変換について確認できません。
特色







 
データは仕上がりサイズ(原寸サイズ)、または「塗足し」を含んだサイズで制作してください。

ご注文内容とデータのサイズが異なっていると、印刷に進むことができない場合がございます。制作前、またはご入稿前に必ずすべてのデータのサイズをご確認ください。

サイズ一覧はこちらをクリック >>
 

フチなし印刷の場合は、必ず「塗り足し」が必要となります。

紙の端まで背景や写真があるデザインの場合、「塗足し」がないと、断裁の際に生じるズレ(これは技術上防ぎようがありません)により、紙の白場が出てしまいます。
塗足しのないデータを印刷した際の
仕上がりイメージ

ズレのイメージ


右図のピンク色の線が仕上がりサイズです。
この位置で裁断しますが、 裁断の際には多少のズレが発生します。(これは技術上防ぎようがありません)

そこで、ズレが発生しても紙の端に白場が出ないようにするために、「塗足し」が必要となります。

仕上がりサイズよりも、外にはみ出している部分を「塗り足し」といい、 塗り足しは上下左右にそれぞれ「3mm」ずつ必要です。

塗足しは必ず上下左右それぞれに3mmずつ付けてください。
塗足しが3mm以下の場合も、紙の端に白場が出てしまう恐れがございます。
   
背景が白場の場合(塗り足しが必要ない場合)は、塗足しがなくてもかまいません。

 

塗足し説明画像






 


ご入稿いただくデータのサイズにお間違いがないかご確認をお願いいたします。
※「ピクセル数」は「mm(ミリ)」でのサイズ設定ができない際にご参考ください。「mm」でのサイズ設定が可能な場合は必要ありません。
ピクセル数は解像度が350dpiの場合のものです。解像度によりピクセル数は変化しますのでご注意ください。

ご注文サイズ 仕上がりサイズ 単ページ・
ご入稿データサイズ
(塗り足しつきの場合)
見開き・
ご入稿データサイズ
(塗り足しつきの場合)
A4(縦型) 210mm×297mm 216mm×303mm
426mm×303mm
必要ピクセル数(350dpiの場合)
2976pixel × 4175pixel
B5(縦型) 182mm×257mm 188mm×263mm 370mm×263mm
必要ピクセル数(350dpiの場合)
2591pixel × 3624pixel
正方形:210×210mm 210mm×210mm 216mm×216mm 426mm×216mm

必要ピクセル数(350dpiの場合)
2976pixel × 2976pixel

正方形:182×182mm 182m×182mm 188mm×188mm 370mm×188mm
必要ピクセル数(350dpiの場合)
2591pixel × 2591pixel
A5(縦型) 148mm×210mm 154mm×216mm 302mm×216mm
必要ピクセル数(350dpiの場合)
2122pixel × 2976pixel
B6(縦型) 128mm×182mm 134mm×188mm 262mm×188mm
必要ピクセル数(350dpiの場合)
1846pixel × 2591pixel
正方形:148×148mm 148mm×148mm 154mm×154mm 302mm×154mm
必要ピクセル数(350dpiの場合)
2122pixel × 2122pixel
正方形:128×128mm 128mm×128mm 134mm×134mm 262mm×134mm
必要ピクセル数(350dpiの場合)
1846pixel × 1846pixel
新書サイズ(縦型) 110mm×173mm 116mm×179mm 226mm×179mm
文庫サイズ(縦型) 105mm×152mm 111mm×158mm 216mm×158mm

「塗り足しをつけたサイズ(仕上がりサイズ+塗足しサイズ)」では無かった場合、
とくに指示がなければ、中心から仕上がりサイズで断裁させていただく場合がございます。
お客様が意図するものと違った仕上がりとなる恐れがありますので、
入稿データのサイズのお間違いないようくれぐれもご注意ください。



「見開き」で作成の際は、サイズ設定にご注意ください。
見開きデータでよくある間違いとして、ページが隣り合う内側にも塗足しがついているものがありますが、見開きデータの場合、内側の塗足しは不要です。

【例】A4サイズ(縦型)見開きの場合 
横幅は 210mm+210mm+6mm で426mm。 縦幅は 297mm+6mm で303mmとなります。
※無線綴じの表1、表4の見開きデータの場合、「背幅」が必要になりますのでご注意ください。









 
裁断の際には仕上がり位置より内側にずれることもありますので、
切れて困る文字や図柄は
最低でも、仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしてください。
※読みやすさを重視するのであれば20mm程余裕があるのがおススメです。

塗足しがないため、
紙の白場が出てしまったイメージ例

塗足しがないデータを印刷した場合、断裁後、このような仕上がりになります。
※塗足しがないと、下記のように
白場は必ず出るとお考えください。また白場は等間隔に出るものではなく、不規則なズレとして出ます。
ギリギリにレイアウトされていたため、文字が欠けてしまったイメージ例
塗足し部分、または仕上がり位置ギリギリにレイアウトしていると下記のように、裁断でカットされてしまいます。
切れて困る文字や図柄は最低でも、仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしてください。
※読みやすさを重視するのであれば10~20mm程余裕をもつのがおススメです。
ズレのイメージ ズレのイメージ
ワンポイントアドバイス
塗足し部分は裁断されますので、データ作成の際にはその点にご注意下さい。
例えば、塗足し部分まで文字がある、もしくは仕上がり位置ぎりぎりに文字があると裁断時のズレで文字が欠けた仕上がりとなります。
また、余裕をもってレイアウトしたつもりでも、塗足し分の裁断を考慮していないと、ギリギリの仕上がりになってしまいますのでご注意ください。

 
「塗足しがなく、白場が出てしまってもかまわない。確認の連絡は不要」という場合は、ご注文の際に必ず備考欄にお書きください。
また、すべての塗足し不備にご連絡を差し上げるわけではありませんので、ご入稿前にお客様自身でデータに不備がないかご確認の上、ご入稿くださいませ。








極細線は印刷されない可能性がございます。

ヘアラインとは、「線幅(太さ)が限りなくゼロにちかい極細線(罫線)」のことを言います。
画面では、ある程度の太さのある線として表現されることがありますが、印刷では、かすれたり消えてしまったりと、きちんと印刷されません。
罫線は必ず0.3pt以上の線幅(太さ)を設定してください。
0.3pt以下の細線は、印刷時にかすれたり消えてしまったりする場合があります。
線だけでなく、小さい文字、色の薄い図形等にもお気を付けください。

※0.3pt以上の線幅でも、色の薄い場合等はかすれる場合もございます。








形式の違うデータが混在する、または単ページ・見開きページと複数ページのデータが混在する場合は下記のようにご入稿下さい

形式が異なるデータ(例:PDF形式とPSD形式など)やページ数が異なるデータ(例:単ページのPSDファイルと10ページ分がバインディングされているPDFデータ等)が混在している場合、
各データのファイル名がページ順となるようにご入稿下さい。

【入稿例】
hyo1-hyo4.psd hyo2.psd 03.psd 04-05.psd 06-hyo3.psd
hyo1-hyo4.psd hyo2.psd 03-16.pdf 17.psd 18-29.pdf hyo3.psd



【ご入稿頂けない例 ※下記はデータ不備で再入稿となります】
「「photobook.pdf」の11ページ目と12ページ目にPhotoshopデータ「11.psd」「12.psd」を
差し込んでください。」といったご指示はお受けすることができませんのでご注意ください。








リッチブラック(混色の黒)にご注意ください。

リッチブラックとは墨インキ(K)の他に、CMYのインキが加わっている「黒」のことです。
墨(K)以外の色を加えることで、深みのある黒を表現できます。
しかし、小さな文字や、細かなオブジェクトにリッチブラックを使用すると、狭い範囲にインクが乗りすぎるため、にじんでいるように仕上がることがあります。
小さな文字や、細かなオブジェクトには、リッチブラックを使用しないようご注意下さい。

また、「リッチブラック」と「K100%」の黒は、画面上では同じ色に見えても、印刷では色が異なって仕上がりますので、背景やオブジェクトなどに使用する際はくれぐれもお気を付けください。







 
広範囲のグラデーションは印刷ムラ(トーンジャンプ)が起こる可能性があります

データ作成時にはトーンジャンプが起こる可能性も踏まえて作成をお願いいたします。







カラーデータをモノクロ印刷する場合の注意点

モノクロ印刷でご注文の場合、カラーのままでご入稿頂いてもモノクロでの印刷が可能ですが、
カラーデータをモノクロ印刷すると、色の差異がなくなりグラフの判別が出来なくなる、または文字が見えづらい仕上がりとなることがあります。
グラフ等は同じ色をはっきりとした濃淡(例:黒、グレー、白)や、模様(例:斜線、網点、ベタ等)で使い分ける、文字は下線や太字などで強調する等、モノクロ化したあとも読みやすくなるよう注意して作業していただくのがお勧めとなります。









製本方法について


中綴じ冊子
「中綴じ冊子印刷」とは、冊子を開いた状態の紙(1枚で4ページ分)を重ね、見開きの中心部分をホッチキスで綴じた冊子です。そのため、ページ数の多い冊子ではご利用できません。

しかし、中綴じ製本は、「根元まで開ける」というメリットがあります。(無線綴じは糊付けのため、根元まで開けない・開こうとすると、糊がはがれて冊子が壊れてしまう場合もあります)

中綴じ冊子は8~40ページまでの対応となります。それ以上のページ数の場合は、無線綴じをお選びください。
無線綴じ冊子
無線綴じ製本は、加工特性の関係上、写真のようにセンター(綴じ・ノド)部分まで開くことが出来ません。

見開きに渡るようなデザインの場合は、センター(綴じ・ノド)付近の文字・絵柄が見えなくなる可能性があります。また、ページ数や本文の用紙によって、センター(綴じ・ノド)部分の開き具合も変わってきます。

無線綴じ冊子は12ページ以上の対応となります。価格表にない128ページ以上はお見積りとなります。



綴じ方向について
左綴じ
一般的に、文字の流れに沿う形となりますので、横書きの書籍は左綴じとなっております。
綴じ方については、お客様のご希望のものをお選びください。
「見開き」でデータを作成する場合は「表1、表4」の「ページ配置」にご注意ください

詳しくはこちらをクリック >>


「単ページ」でデータを作成する場合は、綴じ方向にかかわらず、表1→表2→本文→表3→表4のページ順にしてください。

全てのページを一つのデータにバインディングして入稿する場合、表1→表2→本文→表3→表4のページ順にしてください。
バインディングされている順番通りに印刷・製本されます。
※表紙(表1と表4、表2と表3)がつながっている場合は、本文とは別にしてご入稿ください。
右綴じ
一般的に、文字の流れに沿う形となりますので、縦書きの書籍は右綴じとなっております。
綴じ方については、お客様のご希望のものをお選びください。 
「見開き」でデータを作成する場合は「表1、表4」の「ページ配置」にご注意ください

詳しくはこちらをクリック >>

「単ページ」でデータを作成する場合は、綴じ方向にかかわらず、表1→表2→本文→表3→表4のページ順にしてください。

全てのページを一つのデータにバインディングして入稿する場合、表1→表2→本文→表3→表4のページ順にしてください。
バインディングされている順番通りに印刷・製本されます。
※表紙(表1と表4、表2と表3)がつながっている場合は、本文とは別にしてご入稿ください。


天綴じ冊子のご注文方法とデータ作成方法は
こちらをクリック








ノド(綴じ部分)付近のレイアウトについて


中綴じ冊子
文字がセンター部分をまたぐようなレイアウトの際はご注意ください。

中綴じ冊子はノド部分まで開ききることが可能なので、ノドアキ(ノドの余白)は不要ですが、製本の際にどうしても若干のズレが生じますので、センター部分を細かな文字等がまたぐようなレイアウトの場合は、多少のズレが生じることも予めご了承いただいたうえでご入稿ください。
詳しくはこちらをクリック >>


※上図はあくまでイメージとなります。



無線綴じ冊子

無線綴じはページを完全に開ききれないので、見えないと困る文字や図は、ノド側の仕上がり位置から必ず15mm~20mm以上余裕をもって配置してください。

※ページ数や紙の厚さ、サイズでも開き方に差が出ますのでご注意ください。冊子が 厚ければ厚いほど、見えなくなる部分が大きくなります。

詳しくはこちらをクリック >>


※上図はあくまでイメージとなります。









「表1、表2・表3、表4」、「遊び紙」「小口・ノド」とは?

表1 … オモテ表紙
表2 … オモテ表紙の裏(印刷なしでもページ数にカウントする)
表3 … 裏表紙の裏(印刷なしでもページ数にカウントする)
表4 … 裏表紙
表紙周り … 表1、表2、表3、表4 の計4ページのことを指します。

遊び紙(オプションサービス)(ページ数にカウントしません)
表2と本文の間、本文と表3の間に入れる色紙のことです。
装飾的な意味合いが強く、ご注文時に選択して頂かないと差し込まれません。
また、遊び紙には印刷できません。
遊び紙(オプションサービス)について詳しくはこちらをクリック>>


オモテ表紙(表1)の裏面を【表2】、ウラ表紙(表4)の裏を【表3】といい、
冊子を見開いた状態の両端が「小口」、中央の綴じ部分が「ノド」といいます。
ご注文いただくページ数は、この「表1」「表4」「表2」「表3」の4ページ+本文のページ数となります。
※「遊び紙」はページ数にカウントしません。
  遊び紙を希望する場合も、希望しない場合もご注文ページ数は同じとなります。

※「表2」「表3」に印刷をしない場合も、ページ数にはカウントされますので、ご注意ください。

表2、表3の説明画像









基礎注意点、使用ソフト別のチェックポイント、綴じ方法別の注意点を必ずご確認ください。

イラストレーター・入稿前チェックポイント一覧フォトショップ入稿前チェックポイント一覧インデザイン入稿前チェックポイント一覧エクセル・ワード 入稿前チェックポイント一覧パワーポイント入稿前チェックポイント一覧PDF入稿前チェックポイント一覧

Adobe Illustrator データを ご入稿の前に、下記の点を確認してください。

全ての項目を必ずチェックしてください。
   
ページ数の数え方は間違っていませんか?
ご注文ページ数は、表紙周り(表1、表2、表3、表4)を含めた総ページ数となります。
印刷しないページもページ数に含まれます。また、印刷をしない白紙ページがある場合は、白紙ページ用のデータが必要です。他のページと同じように白紙ページもご入稿ください。
>>ページ数の数え方について

データは仕上がりサイズ原寸大で作成していますか?
>>サイズの間違いにご注意ください。

塗り足しを含んだサイズで作成されていますか? 
>>塗り足しについて

切れては困る文字や図柄は、仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしていますか?
>> 文字切れについて

印刷しない不要なレイヤーを削除してからご入稿ください。
不要なレイヤーを非表示のままご入稿頂くと正しく印刷されない恐れがございます。

トンボはついますか?
>>トンボについて

カラーモードはCMYKですか?
>>カラーモードについて

画像のリンク切れはありませんか?リンクしている場合は画像ファイルも一緒にご入稿ください。 
【ご注意ください】
Illustratorはコンピュータ間でデータを移動させると、同一階層にない画像は全てリンク切れとなってしまいます。そのため、フォルダ分けをされているデータは全て同一階層に移動させてからデータをチェックしますので、同名ファイルが複数ある場合は、正しくデータを開くことができないためデータ不備となり再入稿していただく必要がありますのでご注意ください。

>>リンク切れについて

配置画像は解像度300~350dpiですか?低解像度の場合は粗く印刷されます。 
>>配置画像のサイズについて

フォントのアウトライン化はしましたか? 
>>アウトライン化について

オーバープリント設定についてはお客様自身でご確認ください 
>>オーバープリント設定について

ドロップシャドウやぼかし等、「効果」を使用している場合はラスタライズ設定が必要です  
>>ラスタライズ効果設定について

塗りのパターンを使用する場合は、必ず「分割・拡張」処理を行ってください 
>>分割・拡張について

特色(DIC・スポットカラー)は指定しない・使用しないでください。
>>特色について

極細線は印刷されない可能性がございます。
また、線だけでなく、
小さい文字、薄い色等もかすれたりする恐れがございますのでお気を付けください。>>ヘアライン(極細線)について

小さな文字や、細かなオブジェクトに、リッチブラックを使用されていませんか?

RGBモードで作成したデータを、途中でCMYKに変換した場合、黒色がリッチブラックになる場合がございます。

>>リッチブラックについて


   
カラー・モノクロ混在印刷をご希望のお客様はコチラも合わせてご確認ください。
カラーモノクロ混在印刷 データ入稿方法


無線綴じ冊子をご注文のお客様は、下記の点をご注意ください!
無線綴じはページを完全に開ききれないので、見えないと困る文字や図は、ノド側の仕上がり位置から必ず15mm以上余裕をもって配置してください。 

※文章の多い冊子は、読みやすさも重要となります。読みやすさを重視するのであればノドの余白は20mm以上がおススメです。
>>無線綴じ冊子のノド付近のレイアウトについて

キレイな印刷物を作るための注意点はこちらをクリック 中綴じ冊子の注意点はこちらをクリック 無線綴じ冊子の注意点はこちらをクリック

イラストレーター入稿ガイドAdobe Illustrator入稿ガイドはこちらをクリック>>

Adobe Photoshop データを ご入稿の前に、下記の点を確認してください。

全ての項目を必ずチェックしてください。
   
ページ数の数え方は間違っていませんか?
ご注文ページ数は、表紙周り(表1、表2、表3、表4)を含めた総ページ数となります。
印刷しないページもページ数に含まれます。また、印刷をしない白紙ページがある場合は、白紙ページ用のデータが必要です。他のページと同じように白紙ページもご入稿ください。
>>ページ数の数え方について

データは原寸で作成していますか?
>>サイズの間違いにご注意ください。

塗り足し3mmつけていますか?
>>塗り足しについて

切れては困る文字や図柄は、仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしていますか?
>> 文字切れについて

レイヤーは必ず統合してご入稿下さい。
レイヤーを統合されていないと、フォントが変わってしまう等不具合が生じる場合がありますのでご注意下さい。
>>レイヤー統合方法

カラーモードはCMYKですか?
>>カラーモードについて

※Photoshop Elements(フォトショップエレメンツ)の場合、カラーモードをCMYKにすることはできません。RGBのままご入稿頂いて大丈夫ですが、色味の変化については予めご了承ください。
>> RGBデータ印刷した際の色のくすみについて

画像解像度はカラーモードに合わせた適切な値ですか?低解像度の場合は粗く印刷されます。
>>解像度について

小さな文字や、細かなオブジェクトに、リッチブラックを使用されていませんか?

RGBモードで作成したデータを、途中でCMYKに変換した場合、黒色がリッチブラックになる場合がございます。

>>リッチブラックについて

極細線はきれいに印刷されない可能性がございます。 
また、線だけでなく、小さい文字、薄い色等にもお気を付けください。 
>>ヘアライン(極細線)について

   
カラー・モノクロ混在印刷をご希望のお客様はコチラも合わせてご確認ください。
カラーモノクロ混在印刷 データ入稿方法


無線綴じ冊子をご注文のお客様は、下記の点をご注意ください!
無線綴じはページを完全に開ききれないので、見えないと困る文字や図は、ノド側の仕上がり位置から必ず15mm以上余裕をもって配置してください。 

※文章の多い冊子は、読みやすさも重要となります。読みやすさを重視するのであればノドの余白は20mm以上がおススメです。
>>無線綴じ冊子のノド付近のレイアウトについて

キレイな印刷物を作るための注意点はこちらをクリック 中綴じ冊子の注意点はこちらをクリック 無線綴じ冊子の注意点はこちらをクリック

フォトショップ入稿ガイドAdobePhotoshop入稿ガイドはこちらをクリック>>

InDesign で制作の場合、下記の点を確認してください。

全ての項目を必ずチェックしてください。
   
ページ数の数え方は間違っていませんか?
ご注文ページ数は、表紙周り(表1、表2、表3、表4)を含めた総ページ数となります。
印刷しないページもページ数に含まれます。また、印刷をしない白紙ページがある場合は、白紙ページ用のデータが必要です。他のページと同じように白紙ページもご入稿ください。
>>ページ数の数え方について

PDFに書き出してご入稿下さい。
>>PDFへの書き出し方

PDFに書き出した際、トンボはつけていますか?

単ページで書き出していますか? 見開きの状態で書き出されたデータは、印刷できない場合がございます。

データは原寸で作成していますか?サイズの間違いにご注意ください。
塗り足し3mmつけていますか?
>>塗り足しについて

配置画像は解像度300~350dpiありますか?低解像度の場合は粗く印刷されます。

カラーモードはCMYKですか?

極細線はきれいに印刷されない可能性がございます。 
また、線だけでなく、小さい文字、薄い色等もかすれたりする恐れがございますのでお気を付けください。
>>ヘアライン(極細線)について

変換したPDFデータにフォントの埋め込みはされていますか?
必ず変換後のPDFデータを開き、すべてのフォントが埋め込まれているかご確認ください。
>> 埋め込めないフォントもございます。詳しくはコチラ

   
カラー・モノクロ混在印刷をご希望のお客様はコチラも合わせてご確認ください。
カラーモノクロ混在印刷 データ入稿方法


無線綴じ冊子をご注文のお客様は、下記の点をご注意ください!
無線綴じはページを完全に開ききれないので、見えないと困る文字や図は、ノド側の仕上がり位置から必ず15mm以上余裕をもって配置してください。 

※文章の多い冊子は、読みやすさも重要となります。読みやすさを重視するのであればノドの余白は20mm以上がおススメです。
>>無線綴じ冊子のノド付近のレイアウトについて

キレイな印刷物を作るための注意点はこちらをクリック 中綴じ冊子の注意点はこちらをクリック 無線綴じ冊子の注意点はこちらをクリック

インデザイン入稿ガイド InDesign入稿ガイドはこちらをクリック>>

Officeデータ(Excel、Word)で作成の場合、下記の点を確認してください。

全ての項目を必ずチェックしてください。
   
ページ数の数え方は間違っていませんか?
ご注文ページ数は、表紙周り(表1、表2、表3、表4)を含めた総ページ数となります。
印刷しないページもページ数に含まれます。また、印刷をしない白紙ページがある場合は、白紙ページ用のデータが必要です。他のページと同じように白紙ページもご入稿ください。
>>ページ数の数え方について

各ソフトの作成方法とご注意点をご確認ください。
>>Excel・word作成ガイド

塗り足し3mmつけていますか?
>>塗り足しについて

切れては困る文字や図柄は、仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしていますか?
>> 文字切れについて

配置画像は解像度300~350dpiありますか?低解像度の場合は粗く印刷されます。

極細線は印刷されない可能性がございます。
また、線だけでなく、
小さい文字、薄い色等もかすれたりする恐れがございますのでお気を付けください。>>ヘアライン(極細線)について

カラーモードがRGBのデータですので、印刷の際は色が多少しずみます。予めご了承下さい。
>>色の変化について

PDF形式に変換しましたか?
>>PDF変換について
必ず、PDF形式に変換したデータをご入稿ください。Excel、Wordのデータでのご入稿は承っておりません。

※PDF変換されたデータでご入稿頂いた場合、弊社から確認用データをお送りすることはございません。ご入稿頂いたデータで印刷に進めさせていただきます。

PDF入稿前チェックポイントをご確認ください
PDF入稿前チェックポイント一覧


PDFは必ず確認してください

   
カラー・モノクロ混在印刷をご希望のお客様はコチラも合わせてご確認ください。
カラーモノクロ混在印刷 データ入稿方法


無線綴じ冊子をご注文のお客様は、下記の点をご注意ください!
無線綴じはページを完全に開ききれないので、見えないと困る文字や図は、ノド側の仕上がり位置から必ず15mm以上余裕をもって配置してください。 

※文章の多い冊子は、読みやすさも重要となります。読みやすさを重視するのであればノドの余白は20mm以上がおススメです。
>>無線綴じ冊子のノド付近のレイアウトについて

キレイな印刷物を作るための注意点はこちらをクリック 中綴じ冊子の注意点はこちらをクリック 無線綴じ冊子の注意点はこちらをクリック

Excel・Word 作成ガイド・PowerPoint入稿ガイド Excel・Word 作成ガイドはこちらをクリック>>

Officeデータ(PowerPoint)の場合、下記の点を確認してください。

全ての項目を必ずチェックしてください。
   
ページ数の数え方は間違っていませんか?
ご注文ページ数は、表紙周り(表1、表2、表3、表4)を含めた総ページ数となります。
印刷しないページもページ数に含まれます。また、印刷をしない白紙ページがある場合は、白紙ページ用のデータが必要です。他のページと同じように白紙ページもご入稿ください。
>>ページ数の数え方について

作成方法とご注意点をご確認ください。
>>PowerPoint入稿ガイド

塗り足し3mmつけていますか?
>>塗り足しについて

切れては困る文字や図柄は、仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしていますか?
>> 文字切れについて

配置画像は解像度300~350dpiありますか?低解像度の場合は粗く印刷されます。

カラーモードがRGBのデータですので、印刷の際は色が多少しずみます。予めご了承下さい。
>>色の変化について

ご入稿後、弊社で印刷用データに変換し、お客様にご確認用PDFファイルをお送りいたします。
※印刷OKのお返事をいただいてからの印刷となります。

※お客様自身でPDFに変換し、PDFデータでご入稿頂いた場合、弊社から確認用データをお送りすることはございません。ご入稿頂いたPDFデータで印刷に進めさせていただきます。
PDFデータでご入稿の場合は、PDF入稿前チェックポイントをご確認ください
PDF入稿前チェックポイント一覧

   
カラー・モノクロ混在印刷をご希望のお客様はコチラも合わせてご確認ください。
カラーモノクロ混在印刷 データ入稿方法


無線綴じ冊子をご注文のお客様は、下記の点をご注意ください!
無線綴じはページを完全に開ききれないので、見えないと困る文字や図は、ノド側の仕上がり位置から必ず15mm以上余裕をもって配置してください。 

※文章の多い冊子は、読みやすさも重要となります。読みやすさを重視するのであればノドの余白は20mm以上がおススメです。
>>無線綴じ冊子のノド付近のレイアウトについて

キレイな印刷物を作るための注意点はこちらをクリック 中綴じ冊子の注意点はこちらをクリック 無線綴じ冊子の注意点はこちらをクリック

Excel・Word 作成ガイド・PowerPoint入稿ガイド PowerPoint入稿ガイドはこちらをクリック>>


PDFデータを ご入稿の前に、下記の点を確認してください。

全ての項目を必ずチェックしてください。
   
ページ数の数え方は間違っていませんか?
ご注文ページ数は、表紙周り(表1、表2、表3、表4)を含めた総ページ数となります。
印刷しないページもページ数に含まれます。また、印刷をしない白紙ページがある場合は、白紙ページ用のデータが必要です。他のページと同じように白紙ページもご入稿ください。
>>ページ数の数え方について

PDFの書き出し方・設定についてご確認下さい 
>>PDFへの書き出し方

データは原寸で作成していますか? 
>>PDFのサイズ確認方法

塗り足し3mmつけていますか? 
>>塗り足しについて
   
>>塗り足しを含むサイズでの書き出し設定

極細線は印刷されない可能性がございます。
また、線だけでなく、
小さい文字、薄い色等もかすれたりする恐れがございますのでお気を付けください。>>ヘアライン(極細線)について

配置画像は解像度300~350dpiありますか?低解像度の場合は粗く印刷されます。

フォントの埋め込みはされていますか?
>>フォントの埋め込みチェック方法

必ずすべてのフォントが埋め込まれているかご確認ください。
また、埋め込めないフォントは絶対に使用しないでください。
>> 埋め込めないフォント一覧はこちら。必ずご確認ください。

PDF内の注釈、フォーム、アクションは使用されていませんか?
注釈、フォーム、アクション等を使用されていると正しく印刷されません。
使用されている場合は、全ての注釈、フォーム、アクションを削除してください。

単ページをすべてバインディングして1つのPDFでご入稿される場合、
表1→表2→本文→表3→表4のページ順にしてください。
バインディングされている順番通りに印刷・製本されます。
※表紙(表1と表4、表2と表3)がつながっている場合は、本文とは別にしてご入稿ください。

PDFに書き出したら、印刷内容に間違いがないか必ずご確認下さい。
※弊社では印刷内容のチェックはしておりません。 必ずご入稿前にお客様の方でご確認をお願いいたします。

PDFは必ず確認してください

   
カラー・モノクロ混在印刷をご希望のお客様はコチラも合わせてご確認ください。
カラーモノクロ混在印刷 データ入稿方法


無線綴じ冊子をご注文のお客様は、下記の点をご注意ください!
無線綴じはページを完全に開ききれないので、見えないと困る文字や図は、ノド側の仕上がり位置から必ず15mm以上余裕をもって配置してください。 

※文章の多い冊子は、読みやすさも重要となります。読みやすさを重視するのであればノドの余白は20mm以上がおススメです。
>>無線綴じ冊子のノド付近のレイアウトについて

キレイな印刷物を作るための注意点はこちらをクリック 中綴じ冊子の注意点はこちらをクリック 無線綴じ冊子の注意点はこちらをクリック

PDF入稿ガイド PDF入稿ガイドはこちらをクリック>>





ご入稿後の流れについて


ご入稿頂いたデータに問題がなければ、下記日程でのお届けとなります。
ただし、Officeのソフト PowerPointでご入稿の場合、データご入稿後、こちらから確認用データをお送りし、そのお返事をいただいてからの印刷となりますので、お返事をいただいた日から、「中綴じ」の場合は1~300冊で3営業日後の出荷、305~500冊で5営業日出荷、 「無線綴じ」の場合は4営業日後の出荷となります。PowerPoint データのままご入稿のお客様はお気を付けください。 

Illustratoradobe PhotoshopPDF 【Illustrator、Photoshop、PDFでのご入稿の場合 】


  ご注文日
1営業日目
(午後5時まで)
2営業日目 3営業日目 4営業日目 5営業日目
中綴じ冊子 ご注文
データ入稿
  発送    
無線綴じ冊子 ご注文
データ入稿
    発送  

※オプション加工をお選びの場合、上記+1営業日が必要になります。

ご注意ください。

※また、上記納期は弊社規定によるデータ上の問題が無い場合に限ります。

データに問題があった場合は、ご確認がとれないと印刷に進むことができませんので、ご注意くださいませ。 
お急ぎのお客様は、ご注文時に必ず連絡が取れるお電話番号をご記入ください。
※価格表にないページ数(無線綴じ150ページ以上)、部数(中綴じ500冊以上、無線綴じ300冊以上)の場合、別途お見積りとなり、上記日程よりお日にちを頂きますのでご注意ください。


adobe PhotoshopPowerPointでご入稿の場合 ※Excel、WordデータはPDF形式に変換してください。

PowerPointでご入稿の場合、データご入稿後、こちらから確認用データをお送りし、そのお返事をいただいてからの印刷となりますので、お返事をいただいた日から、「中綴じ」の場合は1~300冊で3営業日後の出荷、305~500冊で5営業日出荷、 「無線綴じ」の場合は4営業日後の出荷となります。PowerPointデータのままご入稿のお客様はお気を付けください。
確認用データは、ご注文を頂いた日の当日、または翌営業日にメールにてお送りさせていただきますので、必ずご確認後、お返事をお願いいたします。


  ご注文日
1営業日目
(午後5時まで)
当日~翌営業日 +1営業日 +2営業日 +3営業日 +4営業日 +5営業日
中綴じ冊子 ご注文
データ入稿
確認用データ
の送付
印刷OKの
お返事
  発送    
無線綴じ冊子 ご注文
データ入稿
確認用データ
の送付
印刷OKの
お返事
    発送  

※オプション加工をお選びの場合、上記+1営業日が必要になります。

ご注意ください。

※また、上記納期は弊社規定によるデータ上の問題が無い場合に限ります。
データに問題があった場合は、ご確認がとれないと印刷に進むことができませんので、ご注意くださいませ。 お急ぎのお客様は、ご注文時に必ず連絡が取れるお電話番号をご記入ください。
※価格表にないページ数(無線綴じ150ページ以上)、部数(中綴じ500冊以上、無線綴じ300冊以上)の場合、別途お見積りとなり、上記日程よりお日にちを頂きますのでご注意ください。

送料について

送料は全国一律500円です。
(但し、北海道・沖縄は1,000円となります)
5,000円以上のお買い上げで、送料無料となります。

詳しくはコチラをご覧ください »

お支払い方法について

お支払いは、、「銀行振り込み(先払)」、「商品代引き」、「クレジットカード決済」、「NP後払い」、「FREX B2B後払い決済」となります。
※領収書ご希望の方は、ご注文時にご指示ください。(お支払方法によっては発行できない場合もありますのでご注意ください。)

代金引換 NP後払い 銀行振り込み クレジット 


詳しくはコチラをご覧ください ≫

返品・交換について

当店の不手際(注文した商品と異なる場合、当社による印刷間違い等)の場合は商品到着後7日以内にご連絡ください。良品に交換させていただきます。 送料は、全額当社負担となります。

お客様のデータ作成ミスでの返品・交換につきましてはお断りさせて頂きます。ご了承ください。

返品交換について>>



キャンセルについて

データご入稿前のキャンセルは受付いたします。商品の印刷をすでに開始している場合は、キャンセルできない場合もございますので、くれぐれもご注意ください。

プライバシーについて

当社はお客様の会社情報や個人情報を業務以外に用いたり、第三者に漏らすことは一切行わないことをお約束いたします。
詳しくはコチラをご覧ください ≫

ご注意事項

公序良俗に反する印刷物、アダルト関連の印刷物、及び弊社が不適切と認めた印刷物は、ご注文をお断りする場合がございますので、予めご了承の程お願い申し上げます。

お問い合わせ

お気づきになられた点などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

西岡総合印刷株式会社 冊子印刷担当

TEL:073-425-1346(営業時間 AM9:00~PM5:00)
FAX 073-436-5121
E-Mail :book@nishioka.co.jp

(営業時間外、休日のお問い合わせは、翌営業日にお返事させて頂きます)

 


PAGE TOP