オンデマンド印刷の冊子印刷・製本専門店【論文・報告書・卒園文集・作品集・教材・コスプレ写真集・同人誌・本など!】

印刷の色で選ぶ

冊子の使用目的で選ぶ

冊子のサイズで選ぶ

製本方法で選ぶ

オプション加工

カバー印刷

オンデマンド印刷とは

ご利用ガイド

お得で便利な会員登録!

企業情報


■営業カレンダー

※赤色が休業日です。



サンプル請求

 

保育園や幼稚園の卒園文集・幼稚園アルバムの印刷ならお任せください!
ご注文は1冊からOK! 最新鋭のオンデマンド印刷設備で高品質、低価格で提供いたします!


初めての冊子印刷でも安心!1冊からの注文も可能なので、小さい大会でもご利用いただけます


印刷料金は下記バナーをクリックしてください
フルカラー印刷はこちらをクリック モノクロ印刷価格表はコチラ 表紙カラー・本文モノクロ印刷の価格表はコチラ
※弊社では「データ作成」や「スキャニングサービス」は行っておりません。
お客様自身でそのまま印刷することが出来る「完全データ」を作成して頂く必要がありますのでご注意くださいませ。


データ作成の注意点 初心者編
どんな用紙を選べばいい?

用紙にもそれぞれ特徴があり、モノクロで印刷するのかカラーで印刷するのかによっておススメの用紙が違ってきます。

カラー印刷なら「コート紙」か「マット紙」がお勧めです。
コート紙(光沢コーティングあり)

表面がコーティングされている光沢のあるツルツルとした手触りの用紙。
発色が良いため、写真が多いアルバムなど、高度な再現性が求められるカラー印刷物には最適です。
ただし紙自体に光沢があるため、長い文章はチラついて読みづらいと感じる場合もあります。
マット紙(つや消しコーティングあり)

表面につや消しコーティングされているしっとりとした手触りの用紙。
光沢がないため、文字等も読みやすく、コーティングがされているため、カラー写真の彩度もあまり落ちません。
写真はもちろん、メッセージもいっぱいある!という場合はマット紙がおススメ。

モノクロ印刷なら「上質紙」か「マット紙」がお勧めです。
上質紙(コーティングなし)

表面をコーティングせず、光沢やツヤのない化学パルプ配合率が100%の用紙です。
一般的なコピー用紙のような質感です。
コート紙やマット紙に比べ発色は劣りますが、白色度が非常に高く文字も読みやすい用紙です。
鉛筆でも書き込みできるので、寄せ書きや先生、保護者の皆様のメッセージも手書きで書き足すことができます!
マット紙(つや消しコーティングあり)

表面につや消しコーティングされているしっとりとした用紙。
光沢がないため、文字等も読みやすく、コーティングがされているため、独特の質感でしっとりとした上品な仕上がりになります。
上質紙よりも高級感を出したいという場合はお勧めです。

表紙用紙を「特殊紙」に変更することもできます。
モノクロ印刷なら、「特殊紙」もおススメ!文字だけのデザインでも素敵な仕上がりになります! 特殊紙について詳しくはこちらをクリック



ハードカバーには対応していません
弊社で対応可能な製本方法は「中綴じ(用紙を重ねて半分に折り、中央をホチキス止め)」か「無線綴じ(本文の背を糊付けし表紙でくるむ)」のみとなります。
「上製本(ハードカバー)」には対応していませんので予めご了承くださいませ。

中綴じ製本とは?詳しくはこちらをクリック>>
無線綴じ製本とは?詳しくはこちらをクリック>>



データ作成の注意点

フチなし印刷には「塗足し」が必要
印刷所で「フチなし印刷」を刷る場合、データ作成の際に「塗足し」を付けなければいけません。
「塗足し」がないまま印刷をすると、紙の端にインクが付いていない、紙の白場が出てしまうので注意しましょう。


「塗足し」ってなに?

印刷所で印刷する場合、まず大きい紙に印刷し、製本後に仕上がりサイズにカットします。
大量の紙をまとめてカットするため、どうしても数mm程度のズレが生じてしまいます。
そのため、多少カットがずれても紙の端までインクがついている仕上がりになるように、上下左右にそれぞれ3mmずつ大きめに作っておくことを「塗足し」と言います。
断裁時に生じるズレに対する予備的な部分だと思ってください。



「塗足し」がない場合  


塗足しがないデータの場合、断裁が少しずれただけでも紙の端にインクがのっていない白場が出てしまい、きれいな仕上がりではありません。
また、ずれた分だけ白フチが付くため、均等でキレイなフチあり印刷にもなりません。



「塗足し」がある場合  


塗足しがあれば、断裁が少しずれても紙の端まできちんと印刷された状態で仕上がります。
塗足しは上下左右に3mmずつ必ず必要です。
塗足しが足りないと塗足しがないのと同じ仕上がりになる恐れがありますので注意しましょう。
 


 
塗足しは上下左右に3mmずつ必ず必要です。
塗足しが3mm以下の場合も、塗足しがないのと同様に紙の端に白場が出てしまう恐れがございます。
塗足しは断裁ズレに対する予備的部分ですので、最終的には切り落とされます。
仕上り線ギリギリ・仕上がり線より外の文字や図形は切り落とされますので、データの端には文字や切れては困る図形は配置しないようにしましょう。
文字切れについて>>


塗足しを含んだサイズ一覧はこちら
AdobePhotoshop のサイズ設定方法はこちら
Adobe Illustrator のサイズ設定方法はこちら
PowerPoint のサイズ設定方法はこちら
AdobePhotoshop・Adobe Illustratorで使用できるテンプレート


要注意!
Excel・Word では塗足しを含んだデータは作成できません。

Excel・Word では塗足しを含んだデータは作成できません。
Excel・Word で作成する場合、または塗足しをつけてデータ作成する事が難しい場合は、塗足しが必要ないデザイン(背景が真っ白、画像がページの端にこない等)で作成するのがおすすめです。
また、デザインとして周囲に10mm程の白フチを付けることで、塗足しが必要なくなります。
(周囲の白フチは、細すぎるときれいに仕上がらないので、10mm以上の太さがお勧めです)






断裁時にはどうしても多少のズレが生じるため、「塗足し」が必要となりますが、塗足しと同時に「文字切れ」にも注意しなければいけません。

「文字切れ」を考慮していないデザインの本は、読みづらい仕上がりになってしまいますので、「塗足し」と同様に気をつけなくてはいけません。


「文字切れ」ってなに?

印刷用データを作る際に、データの端ギリギリまで文字を配置すると、「塗足し」部分とその付近は断裁の際に切り落とされてしまいます。
塗足しの説明でもしたように、断裁時にはどうしてもズレが生じるため、ギリギリまで文字を配置していると、断裁時に切り落とされてしまいます。





こういった文字切れのトラブルを防ぐためにも、データ作成の際は、データの周囲に十分な余白を取り、余裕のあるデザインを心がけましょう。

また、文字切れのトラブル以外にも、紙面ギリギリまで文字があると、読みづらい仕上がりになってしまいますので、読みやすい卒園文集を作るためにも「余白」を意識してデザインしてみてください。


適切な余白があるデータとないデータ 例



紙原稿を作るときの注意点
手書きでつくった紙原稿を印刷用データ化する場合も、「文字切れ」や「塗足し」に注意が必要です。
思い出の卒園アルバムや文集は、ついつい原稿に目一杯写真をはったり、原稿の端までたくさんメッセージを書き込んだりしがちです。
原稿のぎりぎりまでメッセージや写真があると、「文字切れ」が発生してしまいます。
また、A4サイズのアルバムを作るのに紙原稿がA4サイズだったら「塗足し」がないデータになってしまいます。


保護者のみなさんに紙原稿を作っていただく際に、例えばA4サイズのアルバムを作りたい場合、紙原稿サイズがA4ピッタリだと「塗足し」がないデータになってしまいます。

紙原稿の注意点1


塗足しが必要なデザインの紙原稿の場合は、紙原稿のサイズを仕上がりサイズより少し大きくしてください。
通常、塗足しは上下左右それぞれに3mmずつで大丈夫ですが、紙原稿の場合、多少誤差も出てくるので余裕を持たせて上下左右それぞれに5mmずつ位がお勧めです。
例)A4仕上がりなら220×307mm程度

さらに、「文字切れ」を起こさないように、メッセージや大事な写真は15mm程内側に配置してもらえば、塗足しを確保したうえで文字もかけず、さらに読みやすいページに仕上げることが出来ます。


※紙原稿をスキャンした後に、データサイズを調整してください。

原稿のサイズを大きくしたり、余白を意識して作成してもらうのが難しい場合は…

紙原稿をスキャニングしたあと、少し縮小して周囲に余白のあるデザインにすればメッセージや写真が切れず、紙原稿作成の際にも目一杯メッセージを書き込めるのでお勧めです。




紙原稿をデータ化するときの注意点

紙原稿がキレイに印刷できるかどうかは、スキャンする際の設定でほぼ決まります。
印刷内容に適した設定で、高解像度でスキャンしないと、キレイに印刷することが出来ません。


スキャンする前に使用するスキャナーの説明書を確認!

スキャナによって設定方法が異なります。使用するスキャナの説明書を事前に確認して失敗を防ぎましょう。


解像度はカラー印刷なら350dpi、
モノクロ印刷なら350dpi~600dpiが推奨です。

数値が低ければ低いほど画像が粗くなり、数値が高ければ画像は鮮明になります。
ただし、数値をむやみにあげるとデータが重くなり、データの修正や入稿に驚くほど時間がかかってしまいます。
カラー印刷なら350dpiであれば十分キレイに印刷できます。それ以上の数値に設定しても仕上がりにほぼ変わりはなく、データ容量だけが大きくなりエラーが出る原因になりますのでお勧めできません。
モノクロ印刷の場合は350dpi~600dpiとなります。
解像度について詳しくはこちらをクリック>>


紙の端ギリギリまで文字や画像が配置されている原稿は
周囲に白フチをつけると文字や画像が欠けません

原稿いっぱいにメッセージや作文、イラストなどが書かれていると、文字やイラストが切れてしまいます。
紙原稿をスキャニングしたあと、少し縮小して周囲に余白のあるデザインにすればメッセージが切れないのでオススメです。

オプション加工一覧
PP加工について詳しくはコチラ 角丸加工について詳しくはコチラ 印刷可能サイズ一覧についてはコチラ
 
印刷料金は下記バナーをクリックしてください
フルカラー印刷はこちらをクリック モノクロ印刷価格表はコチラ 表紙カラー・本文モノクロ印刷の価格表はコチラ
※弊社では「データ作成」や「スキャニングサービス」は行っておりません。
お客様自身でそのまま印刷することが出来る「完全データ」を作成して頂く必要がありますのでご注意くださいませ。


 


PAGE TOP